簡単!手間なしバストアップ法

34歳、身長150cm、体重42kgです。
バストについては高校生くらいからずっと悩んでいます。

自分で言うのも何ですが、形は悪くないと思うんです。でも何と言ってもサイズが小さい。揉めば大きくなる、とか性的刺激で大きくなる、とか聞きましたが、実際にはそんなことはなく、「やっぱり体質だから無理なんだ」とあきらめかけていました。

 

結婚して子供ができ、授乳中は母乳が出るので2カップくらい大きくなりました。でも所詮中身は母乳なので、授乳期間が終わるとみるみるしぼんで、目も当てられないほどの小ささになってしまいました。

妊娠前よりもしぼんでしまって、周りのママたちの胸にどうしても目が行ってしまい「みんなそんなにしぼむものかな」と気になってしまいました。

胸小さい9
もう本当に何とかしたい!と思い、ネットでバストアップ法をいろいろと調べてみました。バストアップブログもたくさんあって、巷にはバストアップの情報があふれているということに気づかされました。
ただ、自分にはどんな方法が合っているのかはやってみなくてはわかりません。
仕事と育児をしながらバストアップもするとなると、すきま時間で行うしかありません。

 

そこで発見したのが「腋下をもみほぐす」「ブラに脇肉を入れる」方法でした。

わきの下のくぼみと胸の間の肉をつかんで、もみほぐします。実はバストアップに「腋下リンパ節」が大きな役割をするのだそうです。この腋下リンパ節をもみほぐすことで、リンパの流れが良くなり、バストの老廃物が出やすくなり栄養も行きやすくなるのだそうです。
服の上からでもできるので、ちょっと気づいた時にもみほぐすだけです。
胸小さい10

もう一つの「ブラに脇肉を入れる」は、その名のとおりブラの中に脇や背中の肉を詰めます。

ブラジャーを着ける時にきちんとバージスラインにワイヤーを合わせ、ホックをしてからバスト周辺のお肉を丁寧にカップにしまいこんでいきます。
日中動いているとブラもずれていきますので、トイレに行った時などのついでにブラにお肉を入れる作業も行うと良いです。
きちんとブラにお肉を入れるだけでも、はみ出したお肉がバストになっていくそうです。

 

実際これをしばらく続けたところ、胸に谷間ができるようになりましたよ!

加齢により垂れてきた胸の悩みを解決するためにバストアップ体操

42歳で、体重は52kgです。
30代後半の頃から胸が垂れてきたことに気づきました。

40代になった今、20代のハリのあった胸と比べると、バストトップの位置が明らかに違います。

バストトップが数センチ下がったように見えるのです。それにより、以前はハリがあり形がよかった胸も、だらんと下に垂れて広がるようになってしまいました。サイズも若い時よりも少し小さくなった気がします。手で持ち上げれば以前と同じサイズ分のボリュームがあるため、下に垂れたことによって形が崩れ、サイズも小さく見えるだけのようです。夏などの薄着になると、恰好良く見えないので、これは少しバストアップ対策をして改善しなければと思いました。
胸小さい8

対策として選んだ方法は、バストアップ体操です。

その方法は、ネットなどのサイトを参考にします。まずは、腕とわき腹のストレッチから行います。左腕を思いっきり水平に伸ばした後、腕全体を内側と外側交互にひねります。さらにひじを伸ばしたまま下に向けた手のひらを手首で上げ、その状態で5秒ほどキープします。右腕も同じようにします。その後、頭の後ろに手を持っていき、左手の曲げたひじを右手で引き寄せます。右も同じようにします。これがかなり胸の上あたりのストレッチとして効くので、気持ちいいです。次に背中のストレッチをします。左右の肩をゆっくり10回程回転させます。
胸小さい7
そして最後にようやく胸周辺のマッサージをします。左胸を下から右手で持ち上げ、鎖骨中心に向かって斜め上に弾ませるように揺らします。右胸も同じようにします。1秒間2,3回のペースで25〜30回ぐらいずつ行います。胸にハリを戻したい時には、なるべく小刻みに行うのがいいそうです。揺らすことで胸周辺のリンパが刺激され、ホルモンの分泌が活性化するので、バストアップに繋がるそうです。

 

このバストアップをし始めてから1週間ぐらいした時、少し前より胸が大きくなったように見えました。おそらく、胸のハリが出てきたからだと思います。まだバストトップが上がるといった効果は感じられませんが、徐々に胸の形がキレイになってきているのが嬉しいです。